一陽来復 *側弯症の経絡内臓整体師*

治療難民の方に一陽の春が訪れますように

免疫力「詰まりを出す」

今日は、私のいる整体院の

とあるプロジェクトの

お手伝いをしています。

自宅でパソコン作業をしたり

お絵かきをしています😊

今後が楽しみです 🎶

こちらでもご報告できたらしますね。

f:id:j-ouka:20200304142015j:plain

コロナウイルスの影響で

なんだか落ち着きませんね。 

整体院にいらっしゃる方は

免疫力が落ちていることが多いので

私も気をつけています。

 

免疫力ってそもそもどうつけるの?

って思いませんか?

私が第一におすすめするのは

詰まっているものを出す

ことです。

食べた物でもストレスでも

とにかく詰まっているものを出して

体の中の気血が

スムーズに循環していることが大事です。

 

 逆を言えば

詰まっているということは

内臓のどこかに負担がかかり

正常な働きが妨げられるため

 ウイルスのような外邪に

対応する余裕がなくなるのです。

 

ヨーグルトや発酵食品などを食べることで

腸内環境を整えて免疫力を高めようとする

方法がありますが、

それは第一ステップではないと思っています。

 

元々健康な人が、

そのような効果があるとされる物を

食べるのであればいいかもしれません。

 

しかし、弱った胃腸は

まず消化吸収ができないのです。

そこに体にいいからといって

いろいろ放り込んでも暖簾に腕押しです。

むしろ効果がないだけで終わればいいですが

弱った胃腸にさらに物を入れること自体

気をつける必要があるかもしれません。

私は乳製品や納豆のような物も

胃腸消化器系の弱っている人には

おすすめしません。

胃腸の弱い人が、納豆は食べるのであれば

ひき割りにしてください。

豆はけっこう消化に負担がかかるのです。

 

何より一番は食べるのを少し控えて

内臓を休ませることです。

内臓を休ませて本来の働きに戻ろうとする

治癒力を高めてください。

 

それから、感情を解放して

心のバランスを整える

ことがまた大事です。

感情は各内臓と密接に関係しています。

どんな感情がどの内臓に負担をかけるのか

決まっています。

ちなみに中国医学では

恐れの感情は、根本的な生命エネルギーに

打撃を与え、芯から疲労したり

寿命を縮めると考えられています。

コロナウイルスを過渡に恐れて囚われるのは

良くなさそうですね。

 

感情を解放するって

何もお酒を飲んで愚痴ったり

打ちっぱなしに行ったり

カラオケで発散することだけが

方法ではありませんよ〜。

(これって、もはや昭和生まれの解消法?🤷‍♀️)

 

自分の感情の偏りに気づいて

「そうだったんだね。頑張ったね。」

って自分を受け止めてあげるだけで

ずいぶん違います。

 

まとめると

免疫力をつけるには

詰まっている物を出して

心と体を本来のバランスに

戻してあげることが

ポイントです。

 

余談ですが

近くの花屋さんでミモザをゲットしました!

家に花があるとグッと明るくなりますよね🌼

ユーカリの葉っぱもつけた♪

黒っぽい花は、なんて名前なのでしょうか?

いつも包装してリボンで結んだところに

一輪おまけでつけてくれます😊

 

f:id:j-ouka:20200303135219j:plain


 ではでは。

かしこ*

 

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

↑このブログに共感いただけましたら、ポチリとお願いします。