経絡内臓整体*oukaさんのひだまりの巣*

「元治療難民の私がたどり着いた答えは内臓をよくすることだった」東洋医学×体と心、ストレスケア、気功、食事と日常がテーマ。一陽来復・・・悩みと向き合う方に一陽の春が訪れますように。

自分と周りが思う『愛』は必ずしも一致しない🌸そこに気づけた瞬間、あなたの心は花開く🌸

多くの人が潜在意識で思い込んでいるのが
自分のしてもらいたいことを
満たしてもらうことが『愛』だということ。

もっと厳密に言うと
要求を満たしてもらうと愛を感じやすいので
そこに固執するようになる。
そうしてもっとちょうだいを
繰り返しつづける。

けれども本当は
『愛』の定義って千差万別

こうして書いている私も
以前は
からしてもらえなかったことばかりが
心の大部分をしめていました。

私の家は両親がお店をしていました。
バブル崩壊前まではとても忙しく
子供の頃から、私は自分の部屋で
一人でいることが大半でした。
おもちゃや本など遊ぶための物は
たくさん買い与えてもらい
私の周りは物であふれていたけれど
ずっと一人が寂しかった。
親にそばにいてほしかった。

そんな寂しさ哀しさを抱えながら
少し大きくなり、今度は
親と血がつながっていないと
分かるようになると
誰からも愛されていないという
情緒不安定感に拍車がかかりました。

でもね、少し前にふと
中島美嘉さんの
「Dear」が頭の中に流れ
その曲が主題歌だった
映画「八日目の蝉」を
久しぶりに観て気づきました。
私、忘れてただけかも…
気づいてなかっただけかも…
親なりの愛で
育ててくれたことを。

f:id:j-ouka:20220327143858j:plain

ほんとうち、物が多かったな😅

それはすごくささいなことかもしれませんが
これを今読んでくださっている方の中で
子どもの頃の
寂しさや哀しさ、怒りが残っていたら
思い出してみてください。
もしすぐには思い出せなかったとしても
これまで関わってくれた人々から
自分が思う別の形で実は『愛』を
もらってきたのかも?
と気づくだけでもいいんです。
まずは気づくことから始まりです🌱✨

ただ、どうしても
溜めてきた感情が先行して
そんなこと考える気にすらなれない
ということもあると思います。
そうしたら
身体中に溜まっている感情に目を向け
その感情をめいっぱい受けとめ
癒し解放することから始めてみてください。

私の身体も昨日、対話をしていたら
仙骨から「優しくして」「かまって」という
声がきこえ
肝臓に近い背中からは
寂しさ、哀しさ、怒りが溜まっていて
「私を愛して!」という
潜在意識の声がきこえました。
まだこんな気持ちが溜まっていたんだなと
思いながら癒し、潜在意識を調整したところ
背骨の曲がりが一段と改善しました。

心と身体はつながっています。
溜め込んだ感情や思い込みは
時に身体の症状となって
伝えてくれているんです

f:id:j-ouka:20220327151532j:plain

親、子、パートナーなど
その形の違う『愛』に気づいた瞬間
あなたの中の凍てついた蕾は
待っていたかのように花開きます。
生きている喜びに満ちた
それぞれの花です✨

それを経験すると
『愛』って
与えるとかもらうとかいう

→(矢印)じゃない
ことにも気づくと思います。

ただそこに浮遊している
温かくて、嬉しくて、穏やかな
包み込まれるような感覚なんだな~と
私は経験を経て感じるようになりました。

こちらの関連記事もぜひおすすめ↓

www.j-ouka.com

最後は近況です♪

こちら東京は桜が見頃です。
皆さんの心が春の陽気と共に
明るく軽くなりますように🌸
心を込めて。

かしこ*

にほんブログ村 健康ブログ セラピストへ
にほんブログ村

↑記事を読んだよ、いいね、新しい発見になったなどの
メッセージ代わりに、ハリネズミさんをポチッと
押していただけると励みになります(^^)/