一陽来復 *側弯症の内臓整体師*

治療難民の方に一陽の春が訪れますように

側弯症 中間期 疲れやすい編

先日、中学生で側弯症が発覚した時のことを

書きましたが

今回は、背中に激痛が出るようになるまでの

10代20代の頃の話です。

 

あの頃の私の口ぐせは「疲れた」でした🧎‍♀️

f:id:j-ouka:20200215154317j:plain

中学生の頃から、

いつもダルくて、眠くて、疲れていました。

側弯症の人には、

多い症状のようです。

 

 

その対処法として

毎日、青汁を飲んで健康を

保とうとしていたくらいです。

青汁を飲まなければ

さらに疲れてしまうと思い込んでいた私は

1日1杯の青汁を息をせずにグーっと飲干し

すぐさまお茶で味をかき消すという技で

乗りきっていました。

f:id:j-ouka:20200215154434j:plain

しかし、その青汁生活も

突如終わりを迎えました。

中学3年の頃、友人と旅行に行った際

普段の冷凍青汁ではなく

しっかり、粉タイプの青汁を

用意して持って行きました。

ところが、ちゃんと用意したはずの青汁を

途中で切らすという

死活問題が発生してしまったのです❗️😱 

 

「ダメだ・・・青汁がないからこんなに疲れているんだ 」

旅行中はそう思いながら

少しふてくされたこともありました。

(勝手ですね〜😅)

ところが家に帰って、青汁を再開しても

疲れ具合は変わらないことに気づいたのです。

そして、今までの

青汁人生はなんだったのかと思いながら

すぐさま青汁人生に終止符を打ったのでした。

(チャンッチャンッ)

 

さて、話が青汁にそれましたが

なんだかその頃からとにかく疲れやすくて

生きることが大変だったように思います。

 

授業中もダルくて

椅子に深く座って

背骨をまっすぐにしていられません。

いつしか椅子の手前の方に座り、背もたれに

背中を思いっきりもたれかかるスタイルが

板についていました。

ちょっと間違えばヤンキーみたいです💦

 

これは、お腹、腰、背中に力が入らないために

そうなっていたのでしょう。

 

私は子供の頃から痩せの大食いでした。

お腹だけはぽっこり出ていて

たくさん食べるけど、いっこうに太らない。

筋肉も全然ないから体育の時間も人より劣る。

(運動音痴なだけか?)

 

これは中国医学的には

脾胃の弱りとみます。

(本当は脾胃だけではないのですが)

とにかく栄養の消化吸収が

子供の頃から

ちゃんとできていなかったということです。

 

次回は

側弯症 中間期 腰痛編をお送りしますね。

 

かしこ*

 

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

↑このブログに共感いただけましたら、ポチリとお願いします。