一陽来復 *側弯症の経絡内臓整体師*

治療難民の方に一陽の春が訪れますように

側弯症発覚

パソコンが苦手なので

初めてのブログは大変だ💦

一記事書くのに、異常に時間がかかる。

HTMLは恐るおそるさわっています。

いじりすぎて失敗したら

戻せる自信がありません😱

けれども、カタチになってくると

嬉しいものですね🌸

 

さて本題ですが、私の側弯症が発覚したのは

中学1年生か2年生の時でした。

 

f:id:j-ouka:20200209154939j:plain

 

学校の健康診断で

毎回「側弯」という結果が出るようになり

気になってはいたものの

それがどういうものなのか分からず

親も知らなかったために、放置していました。

 

ただ、中学3年生くらいの時に

腰の痛みで近所の整体に

数回通ったことはありましたが

特に良くなった記憶もなく

そのうち整体院の先生が体調不良で

しばらく休むという連絡を受けてから

行かなくなってしまいました。

 

時は経ち大人になり

背中が劇的に痛くなるまで

整形外科に行ったことがなかったので

発症当時はどのくらい側弯していたのか

記録がありません。

ただ、中学生の時点で

腰痛があったことを考えると

その頃から体が随分歪んでいたのではないかと

予測しています。

 

今となっては

なんでもすぐにネットで調べられますが

私が中学生だった頃は

家にパソコンがありませんでした。

ふと気になって側弯症について調べたのは

家にパソコンが置かれた大学生のころです。

それでも腰痛以外の自覚症状がなかったので

呑気なもので何もしませんでした。

 

側弯症の発覚から背中が痛くなるまで

15年以上もの間、何もしなかったことで

長く慢性化した状態を続けてきたわけです。

むー、これは根強い😓

 

 

それでも今、改善方法と出会えたことを

幸せに思っています。

今は、ネットさえつなげられる環境にあれば

すぐに情報が得られる時代なので

どんな病気でもみなさんご自分に合う方法が

早く見つけられるといいですね 🍀

 

かしこ*

 

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

↑このブログに共感いただけましたら、ポチリとお願いします。