経絡内臓整体*oukaさんのひだまりの巣*

「元治療難民の私がたどり着いた答えは内臓をよくすることだった」東洋医学×体と心、ストレスケア、気功、食事と日常がテーマ。一陽来復・・・悩みと向き合う方に一陽の春が訪れますように。

王道を行くが推しはズレてる伊勢・熊野の旅②何も知らずに行ったハードな方?の石畳がある熊野古道

旅の2~3日目は
下記地図のように
①熊野倶楽部(ホテル)

花窟神社

馬越峠熊野古道

伊勢神宮 内宮
へと移動します。

今回の話は、馬越峠を目指し
熊野古道を歩くところからです。

f:id:j-ouka:20211015145852j:plain

花窟神社までの話はこちら(前回記事)

www.j-ouka.com

散歩じゃなくて登山ー熊野古道 伊勢路ルート

実は私、熊野古道のことを
全然知らずに旅してました。
事前に知っていたのは
世界遺産であることと
石畳の道があることくらいです。
旅のスケジュールはいつも
夫みーちゃんに全てお任せなので
適当について行ってるだけのときがある。

で、旅の途中で
熊野古道は県をまたぐくらい
とっても距離が長くて
ルートもいろいろあると知るありさま。

f:id:j-ouka:20211015162400j:plain

引用:https://www.hongu.jp/kumanokodo/

家に帰ってきてちゃんと調べると・・・

ということでした。
ほほ~!今さら~。

まずは、車で道の駅 海山まで行き
そこで車を止めて
馬越峠コース入口まで歩いて向かいました。
(行ってみて分かったのですが
 入口にも駐車スペースありました。
 狭いので何台も止められないけど)

f:id:j-ouka:20211015163530j:plain

ここからスタート。

石畳はけっこうすぐ始まります。

f:id:j-ouka:20211015163821j:plain

f:id:j-ouka:20211015164055j:plain

途中の「夜泣き地蔵」。

f:id:j-ouka:20211015164341j:plain

頭の中で、はりつめた~弓の~(もののけ姫)が流れる。

f:id:j-ouka:20211015170101j:plain

馬越峠に到着!

f:id:j-ouka:20211015170151j:plain

見事に逆光。ここでおにぎり食べたら、絶対おいしい!

f:id:j-ouka:20211015170417j:plain

ここから天狗倉山まではきびしい登り坂!?

馬越峠までさらっと書きましたが
実際は非常にきつかった
傾斜がけっこうある登り坂な上に
石畳の一つ一つの石が大きいため
小学生サイズの私なんかは
一生懸命、脚を上げて登る状態。
しかも石に苔が生えていたり
湿っていて気を抜くと滑る!
(みーちゃんは下りで2回転んだ)
とにかく筋肉痛にならない様
丹田に集中しながら登りました。

旅の前日を振り返ると
優雅に熊野古道さんぽ気分だった私は
荷物をつめながら
「手提げバッグしようかな~。
 でもリュックの方が楽か~。」
などと恐ろしく呑気なことを考えていた。

パンツも伸びない素材の
シティスタイルで来てしまった。

しかし、これはがちの登山です。
そんななめた格好の人居やしないよ。

本当は馬越峠の先の天狗倉山まで行くと
さらに見晴らしがいいのですが
地図にはその間、「きびしい登り坂」
と書いてあり、それを見て即諦めました。

馬越峠での休憩もつかの間。
すぐに下山開始。

f:id:j-ouka:20211015214358j:plain

汗だくになり、川で顔を洗っている。

f:id:j-ouka:20211015214433j:plain

すっきりしたらしい。

こちらのコースは、ガイドを見ると
往復2時間半くらいかかるとあります。
それをみーちゃんと私は
往復1時間40分の猛スピードで
終えたのでした。
上りは前の3組を追い抜いて
下りは行きにすれ違った
下山中のインド人カップルすら
追い抜いていた。

こんなにも急いでいたのは
レンタカーを返す時間前に
伊勢志摩スカイライン
展望足湯にも
行きたかったからです。
でも結局タイムオーバーで行けず。

もっとゆっくり登れば
そこまで過酷じゃなかったのかな。
でも、そもそもここは
登れはするけど
初心者向きではない気がする💦
足をくじいたりしない様
下見てばかりで必死でしたもん。

メジャーなのは
熊野那智大社へ向かう
中辺路ルートらしいです。
こちらは同じ石畳でも
階段のようになっています。

ただ、今回は伊勢へ向かう途中であり
中辺路ルートのある和歌山県は逆方向。
なんだかんだ伊勢路ルートは
登った時の達成感が清々しく
深く思い出に刻まれたので良かったです。
とにかく美しい道でした。

事件はないがドラマ「ホテル」を連想した記念日の宿「斎王の宮」

下山後は伊勢でレンタカーを返し
送迎バスに乗って
2日目のホテル「斎王の宮」に向かいました。
到着すると案内スタッフが
玄関前のドラをゴ~ンと
鳴らしてくれました。
なんだろ。おもしろいホテルな予感🤭

その予感通り、まずはサービスで
十二単を着せてくれて
写真も撮ってくれました。
その際にみーちゃんが
いい誕生日記念になったねと
言ったのがきっかけで
夜ご飯を食べにダイニングに行くと
席に「HAPPY BIRTHDAY」のメッセージが!
そして食後はなんとサプライズ
誕生日プレート
プレゼントしてくれました!

f:id:j-ouka:20211016202548j:plain

こちらです!

2日前に誕生日だったと知って
私たちがお風呂に入っている間に
スタッフが連携して
わーっと用意してくださったんですね。
お忙しい中、皆さんでお祝いしてくださり
その心遣いがとっても嬉しかったです✨

「つけているインカムで
 〇〇室の八樹様、お誕生日だったので
 よろしく的なやり取りがあったのかな?」
などと夫婦で話し、みーちゃんは
『マスカレードホテル』みたいだね
と言ったのですが
私は高嶋政伸さんがホテルマンを演じる
『ホテル』が頭に出てきてしまった。
事件起きてないし
ドラマはインカムつけてなかったし
めちゃめちゃです。
どうでもいい会話ですみません😅

料理も繊細な味付けで美味でした。

f:id:j-ouka:20211016204506j:plain

椀物。松茸だ!

f:id:j-ouka:20211016204758j:plain

伊勢まぐろ等。

f:id:j-ouka:20211016204542j:plain

伊勢海老の具足煮。

f:id:j-ouka:20211016204620j:plain

松坂牛ステーキ。

f:id:j-ouka:20211016204923j:plain

お夜食のさんま寿司までいただきました。

朝食もすごい種類でした。
中でも一番感動したのが
無農薬・無化学肥料のシルキークイーン。

f:id:j-ouka:20211016205327j:plain

とってもみずみずしい!美味しすぎます。

朝食後は部屋に戻り
テラスでお茶をたてました。

f:id:j-ouka:20211016210008j:plain

高校でお茶の授業があったため、お免状をいただいたのですが、お作法は忘れて適当にたてる。

f:id:j-ouka:20211016210126j:plain

鳥の声が聴こえます。

チェックアウトの時には
斎王の宮新聞とアルバムをいただきました!

f:id:j-ouka:20211016210350j:plain

号外に載った私たち。

一泊の短い間でしたが
おもてなしてんこ盛りで
とても充実した宿泊でした。
普段は、寝れさえすればいいと思って
ホテルを選ぶのですが
至れり尽くせりというものは
こういうことかという体験を
今回はさせていただきました。
ホテルスタッフの方々と
みーちゃんにほんとに感謝です✨

さて次は
伊勢神宮 内宮が目的地ですが
参道や別宮もとってもステキで
写真をいっぱい撮りました。
またまた長くなるので次回に。

つづく*

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
↑記事を読んだよ、いいね、新しい発見になったなどの
メッセージ代わりに、ハリネズミさんをポチッと
押していただけると励みになります(^^)/