一陽来復 *側弯症の内臓整体師*

治療難民の方に一陽の春が訪れますように

側弯症 治療難民②~側弯症専門の整体院~

以前の記事

側弯症 治療難民①〜本と整形外科〜 - 一陽来復 *側弯症の内臓整体師*

からの続きです。

f:id:j-ouka:20200427113708p:plain

 初の側弯症のストレッチ本と

整形外科での撃沈の後

私はまた、ネットで本を探しました。

目に止まったのが

側弯症の治療に取り組む

整体師の方の本です。

その方は、側弯症専門の整体院を

開いていらっしゃいました。

(ご本人は亡くなられたそうですが、

 整体院は今もあります)

読んでみると、その著者の試行錯誤の経緯と

整体に来られた方の改善症例が

書かれていました。

ぜひ、ここの整体院でみてもらいたいと思い

読み終わってすぐに

予約を取って行くことにしました📞

 

 その整体院には

小さなお子さんがたくさん来ていて

その中に混じって

私も待合室でしばらく待ちました。

自分の順番が来ると

先生に、側弯症がいつから始まったのかや

今は背中が痛むという話をしました。

 

そして、施術です。

かまぼこ型の木型を背中の下に置いて

施術ベッドにしばらくの間寝ていました。

その先生の施術はこれが基本のようです。

あとは、本にも載っていますが

体操方法を教えてくれます。

 

さて、結果はというと

施術前後で

たしかに少し背中の歪みが

改善していました!

前後の写真や2回目の施術後の写真も

記録として撮って渡してくれるので

自分でも変化が分かります。

 

これで道が拓けたように思い

19日後に2回目の施術に行きました。

2回目も背中に木型を置いて

揺れる施術ベッドに横になります。

数十分すると、先生が来て

今度は反対の横向きになってくださいと

指示があるので

その通りにまた数十分寝ます。

 

2回目は、1回目ほどの

改善はありませんでした。

2回目の施術を終えて、ふと思ったのが

「あれ!?

 先生は直接施術するわけではないのね」

ということです。

家でも毎日、木型にのってください

とのことだったので

つまり、家と整体院との違いは

施術ベッドが揺れるかどうかと

自分で時間を計らなくても

第三者が

寝る向きを変えるタイミングを

教えてくれるか

だけに感じ、それにこの治療代を払うのは

正直、特別裕福でもないうちにとっては

高いと思ってしまったのです💦

ごめんなさい😢

そして私は、この後、通うことはせず

自宅で指導されたことを

頑張ることにしました。

もしかすると、ベッドが揺れることは

一つ大きなポイントなのかもしれないし

通い続けてもいないので、

ここでこの整体院の良い悪いを

評価はしません。

 

ただ、背中の痛みに関しては

楽になった感じはなく

なんとなく釈然とせず・・・。

(これは悪まで

 この時の私個人のストレートな感想です)

この先生は、成長中の子供を

多くみていらっしゃるようなので

大人になって背骨が固まった私個人には

何か違ったのかもしれません。

改善例がたくさん出ていたので

効果はちゃんとあるのだとは思います。

私がその先生の側弯症は治ると言葉や

改善症例に励まされたのは

確かであり、感謝しています。

 

通わなくなった後も

家では毎日1時間以上木型の上に寝て

それからまた

その整体院の体操を

30分(くらいだったかな?)

こなしました。

半年以上は続けていたと思います。

毎日メニューをこなしたという

達成感だけはありましたが

その後、歪みも背中の痛みも

残念ながら変化はありませんでした。

 

私は、この頃から

上瞼がやせてきたことが

気になり始めました。

30代に入り

瞼がやせてもおかしくはないのですが

同じ年の人とくらべても

まだ早い気がします😑

 

背骨の歪みと何の関係があるの

???

となりますよね。

それは

中国医学でいう

五臓のバランスが関係しています。

 

実は、このもっと後に

極端な食事療法をしたために

私の体は極端にやせこけ

肌にはりがなくなり

(元々アトピーで乾燥していましたが)

もっと老けたようになってしまいました😱

今は、側弯症の治療がきっかけで

五臓のバランスを整えたことにより

上瞼もふっくらしてきました✨

五臓のバランスを整えると

思わぬところに

お釣りが出てくるものなんです🥰

この話は

また別のところでしたいと思います。

 

さて、私の治療難民生活は

まだまだ続きます。

 

かしこ*

 

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

↑このブログに共感いただけましたら、ポチリとお願いします。